見えない病を克服身体に影響を与えないストレス改善

様々な精神病の種類~それぞれに合った治療法~

いろいろな精神的な症状

女性

精神病は様々な種類があり、それぞれに治療方法が異なります。中には精神病だと気付くまでに時間がかかってしまう厄介な病気もあるので、前もってどんな種類があるかを確認しておきましょう。

詳しく見る

心の健康を維持する

ウーマン

精神病の種類には、様々なものがあるように、薬もまた症状に合わせていろいろなものがあります。適切に治療を行っていくためには、正しい診断を受けるためにいくつかの精神科を受診することも手段の一つであると言えます。

詳しく見る

不快や不安が続く際の注意

2人の医者

気分がすぐれない原因

気分がすぐれない、不快や不安な感情が長く抜けないという状態が異常に長く続いていることはないでしょうか。その場合、もしかすると精神病の一種にかかっている可能性があります。精神病にはその症状により、さまざまな種類があります。分け方にもよりますが、よくある主要な2種類の精神病について以下に示します。まず一つ目の種類は、うつ病です。気分障害と呼ばれることもあります。この精神病は近年になってマスコミでも社会問題として大きく取り上げられるようになり、知名度の高い病気です。この病気が「心の風邪」という表現で言い表されていることを目にする機会が少なくありませんが、それは大きな誤解を生む好ましくない表現です。悪化すると自らを傷付けたりする危険性もあり、決して楽観できる風邪のような軽い病気というわけではありません。もし説明できないくらいのひどさで気分がすぐれない場合は、うつ病にかかっていることを心配してみる必要があります。具体的な症状としては、憂うつな気分になり、物事への関心や興味を失ってしまいます。そして外出も困難になり、重症化すると食事もろくに取れないようになります。それから、主なもう一つの精神病の種類としては、統合失調症があります。従来は精神分裂病と呼ばれていましたが、病名として不適切であるとの理由から、近年ではそう呼ばれることはなくなりました。こちらは、あり得ないことを事実として思いこんだりする病気で、妄想や幻覚を伴う場合もあります。

専門科の受診が一番有効

もしどうやら自分が精神病にかかっているかもしれないと見られる場合、あるいは周囲の人がそう判断しているような場合には、なるべく速やかに専門の精神科や心療内科で受診するべきです。それが病気の発見、そして回復を早める上で極めて有効です。精神病を自力で治そうとしても通常はうまくいきません。多くのケースでは、自然に回復することも多いのですが、そうなるまでには日数がかかります。さらに、再発するリスクも高くなります。受診を拒絶するということは、もし精神病にかかっているのであれば、本人が苦しむ期間がそれだけ長くなり回復が遠のくということです。そして本人は無論、周囲の人の心身に多くの負担がかかってしまうという問題が発生します。そうなってしまうと、本人の健康問題というレベルを超えて、職場や家庭における人間関係にまで悪影響が拡大してしまうことになります。精神病は恥ずかしい病気だという昔の偏見にとらわれ、受診を拒むケースは少なくありません。しかしそうすると結局それだけ苦しむことになります。速やかに専門の精神科・心療内科を受診することが早期の回復、そして再発防止につながります。躊躇せず、勇気を出して受診してみることが大切です。それが自分自身と自分の周囲の大切な人達を救うことになります。

精神疾患と治療法

笑顔の女性

心療内科や精神科で診る症状の一つとして挙げられるのが、数々の症候群です。症候群は精神病との区別が非常に重要で、病気の種類に精通した専門医の存在が必要になります。メンタル系の専門診療科は、社会復帰のサポートが受けられるとして人気です。

詳しく見る

とてもかかる人が多い

男の人

現在とても増えている精神病には、たくさんの種類があります。例えば人間関係や仕事上のトラブルなど、社会生活の中ではストレスを感じる事が多くあるため、精神病を発症してしまうのです。種類によっては生命に関わるものもあるので、早めの受診が重要です。

詳しく見る

Copyright© 2016 様々な精神病の種類~それぞれに合った治療法~ All Rights Reserved.